第48回衆議院総選挙・社民党栃木県連合はこうたたかう

北朝鮮ミサイル問題など「国難」を煽り、森友・加計学園疑惑など公正中立であるべき行政の私物化や南スーダンPKO日報隠し問題などへの追求の目を逸らすため、安倍総理は臨時国会冒頭で解散をし、本日総選挙の公示を迎えました。社民党は、かねがね安倍総理の解散を待つのではなく、こちらから解散に追い込んでいかなければならないと訴えてきました。今回の大義なき解散は、国民や野党の追及から逃げざるを得なくなった結果であり、事実上の「追い込まれ解散」です。私たちはこの総選挙を、憲法違反や国民生活破壊を続けるアベ政治の暴走を止め、他の立憲野党とともに国民優先の政治への転換をめざす足がかりと位置づけています。

社民党栃木県連合では県内小選挙区での独自候補擁立は断念しましたが、比例代表北関東ブロックでの議席回復をめざして総力を挙げます。社民党の1議席は自民・公明や希望・維新などの改憲勢力と対峙する立憲勢力をまとめる要石となる大きな1議席です。県内でも戦争法や共謀罪廃棄のたたかい等を通して県民の現政権への不安や不満の大きさを目の当たりにしてきましたし、党の訴えへの反響でも手応えを感じています。県内諸野党と協力し、立憲主義を回復し政治を国民の手に取り戻すため、安倍政権を退陣に追い込みます。

平和を守り、国民生活の破壊をやめさせるため、改憲勢力に3分の2の議席を渡すわけにはいきません。社民党は「憲法を活かす政治」を訴え、この総選挙をたたかい抜きます。社民党へのご支持をお願いいたします。

2017年10月10日

社会民主党栃木県連合
代表  松本 昭一

疑惑追及逃れ解散を許さない(談話)

2017年9月25日

疑惑追及逃れ解散を許さない(談話)

社会民主党栃木県連合
幹事長中田通夫

 安倍首相及び政権幹部から早期解散論が浮上し、9月28日に召集される臨時国会冒
頭にも解散することになった。「国難」を煽り、隠れ蓑にしての森友学園・加計学園問題
や南スーダンPKO日報隠ぺい問題などの追及逃れのための解散であり、責任放棄・敵
前逃亡・疑惑隠し解散と言わざるを得ない。

解散によって、1か月近く政治空白が生まれる。影響はないと言うが、アメリカと一
緒になって安倍政権が煽ってきた北朝鮮を巡る情勢の緊迫とは、その程度のものだった
ということであり、安倍政権の自己矛盾を表している。

消費税増税分の使途の変更を国民に問うと言うが、なぜ国会で与野党の議論を深めよ
うとしないのか。アベノミクスは破綻しているし、国民生活は既に破壊されている。安
倍首相は、森友学園・加計学園問題にみられるように行政や政治を私物化してきたが、「今
なら勝てる」という政権延命のための自己都合解散は、究極の政治権力の私物化・濫用
であり、国民・有権者をあなどるものとして、断じて許してはならない。

社民党は、かねがね安倍総理の解散を待つのではなく、こちらから解散に追い込んで
いかなければならないと訴えてきた。今回の大義なき解散は、国民や野党の追及から逃
げざるを得なくなったことであり、事実上の「追い込まれ解散」である。理不尽な解散
であっても、憲法違反・国民生活破壊を続けるアベ政治の暴走を止め、他の立憲野党と
ともに国民優先の政治への転換をめざす。

栃木県内においても、戦争法や共謀罪廃棄のたたかい等を通して県民の現政権への不
安や不満の大きさを目の当たりにしてきたし、党の訴えへの反響では手応えを感じてい
る。アベ政治を終わりにし、立憲主義の回復を図るため、県内野党共闘の要石となるべ
く持てる力を発揮し、全党員で受けて立つ決意である。

以上

PDF版はこちら

6月の戦争法廃止・共謀罪発動阻止行動

戦争法が強行採決された2015年9月19日にちなんで、毎月19日に戦争法廃止、今年に入ってからは共謀罪反対の街頭での行動を行っています。

今回も、16時から東武宇都宮駅北口(主催:安保法制廃止!9条守れ!宇都宮市民の会)、17時半から宇都宮二荒山神社前(主催:戦争法の廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク)、その他県内各地での行動に社民党からもともに参加しました。

宇賀神ふみお社民党宇都宮市議(東武宇都宮駅北口)

県内の野党が結集した。昨年の参議院選挙を野党統一候補として戦った田野辺隆男さんも登壇。(宇都宮二荒山神社前)

第2回常任幹事会・支部代表者会議を開催

社民党栃木県連合は6月3日、第2回の常任幹事会・支部代表者会議を開催し、松本昭一代表はじめ13名が出席しました。

冒頭、3月より取り組んでいる共謀罪制定に反対する署名活動の中間結果が報告されました。ご協力いただきました県内の皆様に感謝いたします。会議後、9日に集約先の「フォーラム平和・人権・環境」へ提出いたしました。

次期衆議院選挙への対応について、選対委員長を兼務することとなった中田通夫幹事長以下意見を交換し、意思統一を図りました。6月23日告示・7月2日投開票予定の東京都議会議員選挙では、社民党都連合は元世田谷区議の桜井純子氏を擁立しています。その応援態勢についても話し合いが行われました。

また、組織拡大期間が5月より開始されましたが、各支部からその成果について報告がなされ、その背景等を学び合いました。

財政難により数年来凍結していましたが、次回以降の常任幹事会・支部代表者会議の出席者へは、交通費補助(宇都宮市内在住者500円、宇都宮市外1千円)の支給を復活することを決定しました。

さいごに、参議院の会期末(18日)を前にして、予想される共謀罪の強行採決に反対するため、早急に社会新報号外を発行することを決定しました(9日より配布を開始)。その他宣伝体制の強化について話し合いました。

第26回定期大会を開催

3月11日に第26回定期大会を開催し、満場一致をもって全報告・全議案の承認がなされ、下記の通り役員改選をいたしました。
 また最後に、特別決議「衆議院選挙勝利に向けた決議」も審議・承認し、南スーダンPKO撤退や森友学園への国有地払い下げ問題等ますます混迷に拍車がかかる安倍自公政権に対峙し、退陣に追い込む決意を固めるとともに、今年行われるであろう衆議院議員総選挙には必ずや勝利し、政治を国民の手に取り戻すべく努力する決意を新たにしました。新役員のもとで全党員が結集し、新方針を具体的に展開するため、全出席者で団結がんばろう三唱を行い、大会を締めくくりました。

<<新役員>> 代表 松本 昭一 (留任)
  副代表 渡辺 裕一  (留任)
    太田 啓三 (留任)
    海津 千鶴子 (留任)
    宇賀神 文雄 (新任)
  幹事長 中田 通夫 (新任)
  副幹事長 稲尾 章 (留任)
    星 孝典 (新任)
  常任顧問 石﨑 久夫 (留任)

 

常任幹事会・支部代表者会議を開催

社民党栃木県連合は12月23日、今年最後の常任幹事会・支部代表者会議を開催し、松本昭一代表はじめ11名が出席しました。

冒頭、9日に逝去した高橋巖雄常任顧問への哀悼の意を表しました。高橋常任顧問は宇都宮市議会議員を1期、栃木県議会議員を3期つとめ、この間日本社会党から党名変更した社会民主党県連合の幹事長・代表を歴任し、社民党再建を牽引しました。

来る第48回衆議院議員総選挙において、栃木3区・5区で引き続き候補者擁立に向け検討を続けることと、年明けの行事の確認をしました。

「新春のつどい」は先の参議院議員選挙を野党統一候補として闘った「たのべたかお氏」を講師として迎え2月4日(土)14時から「ニューみくら」において盛大に開催すること、定期大会は3月11日(土)に開催することを確認しました。「新春のつどい」への参加お申し込みは県連合事務所および支部までお問い合わせください。

一部幹部役員から退任の申し出があった関係で、後任の人事について四役会議で検討にあたることも確認されました。

栃木県知事選・宇都宮市長選の結果について

2016 年11 月20 日投開票の栃木県知事選挙において、

社民党推薦の小林としはる候補は114,814票(21.37%)の得票をいただいて及びませんでした。

 

同じく宇都宮市長選挙において、

社民党推薦の金子とおる候補は83,634票(48.21%)の得票をいただいて惜敗いたしました。